So-net無料ブログ作成

プライド「1。」 [スポーツ]

久々にブログタイトルがキまってから筆を進めている…

今はアサ。
心なしか歩くヒトの目の輝きが元気だ。

筆者そして殆どの国民が待ち望んでいた朗報を聞いたか、
TVその他で直接その姿をみたのだ。おそらくそのせいと思う。

「1。」

その栄光は8年余におよぶ彼女の努力と、
失わなかった強靭なる心によってもたらされた。

そしてそれはわが国における(現時点において)
トリノ大会「初」そして【唯一】のメダリスト
日本フィギュアスケート会初のオリンピック金メダルホルダ として
さらに意味のあるものとなっている。

どんなにか想像を絶する激しいプレッシャーであったことか…

さまざまな情報により、知りえたことだが
けっして彼女は順調なスケート人生を歩んではいない。
さまざまな苦難を乗り越えて、彼女はプライドを取り戻した。
大きな栄光となると思う。

「本当におめでとう。」

…かくして彼女は、
この大会の日本の「プライド・ワン」(栄光の象徴)となった。

いまは、休むまもなくマスコミの「おめでとう取材攻勢」に
さらされていることと思う。
それは帰ってからもしばらくは続くのだが

そのあとは、次のスケート人生をどうするかゆっくり決めてほしい。
報道によると『自由に踊る』 ため、プロ転向するという。
それもまたよし。

そして…
彼女と同じくして精一杯のパフォーマンスを大会で示してくれた
すべての参加競技者と、
選手と長年苦楽をともにしたコーチ(関係者)にも
この言葉を贈ろう。

「感動を、ありがとう。」

…やはり、スポーツはいいな。(感涙。)
…この感動が、いつまでも世界中で続くことを望んでいます。
今は心地よい感動のみが全身とココロを覆っている。
…『トリノの女王』は、氷の祭典のラストダンスを
いままでのことをかみしめるかのようにしっかりと、踊り終えた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0