So-net無料ブログ作成
検索選択

ら)Life 天国で君に逢えたら [映画(ら]

鑑賞記:人「生」にはいろいろな『風』が吹く。
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/life-tenkimi/

 
http://natsuki.air-nifty.com/natsuki/

~~~~~

ある程度長い時間「人間」をやっていると、<自分のいる場所>で吹いている風の強弱や温度を感じとれるようになる

・順風満帆なとき
・凪なとき
・無風なとき
・寒風が吹きすさぶとき

・淀んだ風
・爆風/暴風
・きもちのよいかぜ

私のブログを読んでいる貴方も、人生を振り返ってみて、または<いまの時>がどのような風をが吹いているかを思い起こせる。

Q。いま、貴方のまわりにはどんな風が吹いていますか?

~~~~~

さて、この映画だが、【STORY】ではない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%B3%B6%E5%A4%8F%E6%A8%B9

「自然にはかなわないよな?」主人公が何の気なしに伝えることばが私の心に遺る。

わたしたちは運良く(と、いっていいのだとはおもうが
この世に落っこちてきたわけだが、もちろんいくつかの<要らないもの>と一緒にである

・死
・病
・離別
・(金)←括弧つきで。

生を価値あるものにするためにそれらは用意されたのだった。

死を忌み嫌うのは、おそらくは苦痛だからなのではないだろう。生まれてから得たすべての
ものからの離別。その寂しさゆえに死は恐れられ、忌避されるのだ。

・・・映画の話だったね。

~~~~~~

 まず、特筆すべきは、大沢たかおの役づくりに対する情熱の高さ。

からだづくり

こころづくり

とも、<同僚>をよせつけない意識の高さを感じる。
一言で言うと役者根性が醸成されており、日本映画界の男優として貴重な逸材といえるだろう
昔はそんな役者だらけだったけど。いまは数えるだけとなった・・
http://blog.so-net.ne.jp/shuseki-kai_org/2006-10-21

映画俳優専門という稼業と努力が、スクリーンのなかで遺憾なく発揮されている

~~~~~~~

「貴方、あとxxxです」といわれるのは、もちろんスクリーン上に写される架空の登場人物だけではない。(日本の統計はコチラ↓)
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/statistics/index.html

人の強さをささえるもの。それは「絆」であることを、この映画は切々と訴えている


アニィも出演。肩の抜けたいい演技だな。


姉御もいいカンジ。



 

~~~~~~~

映画の表現として指摘しておきたいのは、ちょっと「紋切り型の絵」が多いかなぁ~

とは感じたが、全体的には、主題もわかりやすく、観客に伝わるのではないか?

小道具類などはとても濃密かつ繊細で、好きな方はスクリーンも目で角から角まで舐めてほしいね。(都会のペットボトルの風車は、・・・回らない。

評価:87点

~~~~~

【死】のなかに「生」があるのではない

『生のほんの一部分として、死がある』ことを、この映画を観たものは気がつくだろう

・・いい映画です。ご覧ください。

(校了 16:40

~~~~~
他のブロガさんのイケンはこちら。↓
http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=Life+%C5%B7%B9%F1%A4%C7%B7%AF%A4%CB%B0%A9%A4%A8%A4%BF%A4%E9&ei=


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。