So-net無料ブログ作成

ヱヴァンゲリヲン:序 [映画(あ]

1⇒映画の日⇒エヴァ初日のパワーはいかに?

・・・いったん家に戻る事態となった。初回・2回目ともチケット売り切れ。ちょっと嬉しい。
http://www.rosa10.jp/rosa10e/schedule/

~~~~
鑑賞記:変えられないもの。そして「変えたくないもの」。

Airから「10年」。

4つの子供が14歳になる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9

14歳の子供が24歳になる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%A4%9A%E7%94%B0%E3%83%92%E3%82%AB%E3%83%AB

20歳の娘が30歳になる。

32歳の男が42歳になる

ために必要な年月である。

~~~~(以下9/3深夜追記。

『エヴァンゲリオン』が人びとに受け入れられた理由は、今までになかったものだからだ。

すべてが斬新だった。その当時、インターネットに潜ると右を見ても左を見ても

エヴァだったと記憶している。アニメをしらない文化人まで巻き込んだいわゆる

社会現象だった。

あれから10年あまりが経つ。

私が再映の話を聞いたときの第一印象は、『えっ?なんでいまさらエヴァやんの?』

もはや当時の状況ではない。あるブームはその世代を背負う。であるから、

いまの世代についてエヴァが何を問えるのか?それは困惑ともいえる感情が走ったのだ。。

~~~~~

庵野氏はいつも<観客の【創造】を超えるもの>を我々受け手に供してくれる。

Airでのシンジのオナニーシーンは、あっけにとられた。観客として茫然自失になったのは

後にも先にもこれだけだ。

そして、、今回もそれは行われたのである

『まったく同じ話の筋。まったく同じ構図。まったく同じ台詞』

デジャブ<既視感>が目の前で繰り広げられる。嗚呼、、、これは

どういう表現者の意図なんだろうなと、やはり呆然とスクリーンを眺めていた。

・・・しかし、違いは確認できた。

そのものズボリを示すことはしない。これから観る方のために。

エヴァを知っている方ならばこの2つの加筆・修正に容易に気づくはず。

この2つの台詞そのものが、序のコアなのだ。

破・急でその理由が語られるはず。

ヒントだけ示しておく。(女と男、そして子と親)

(2009.6.28 と、いうわけでこの節は綴じます。つづきは↓
http://ver-milion.blog.so-net.ne.jp/2009-06-28

~~~~~~

旧作は人間の在り様をSFをかりて著した良品であった。

今回は多分次の結論に導かれているだろう。つまり

『人間は完体ではない。』
完体でなくていいということ。

この星の霊長でありながら、人間だけが生物として完体ではないということ。

人間の深淵に、この作品は到達するのか、その行く末を見届けることとした。

序だけでは作品とはなっていない。破を拝聴し、その上で評価したい。

=====(ここまで。9.3深夜追加分

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%B1%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%B2%E3%83%B3&fr=msie7&ei=UTF-8 

http://search.yahoo.co.jp/search?&p=%E3%83%B1%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%B2%E3%83%B3&fr=msie7&ei=utf-8 

http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

・・・いまだ鑑賞記の主題を決めかねている。批判の方が↓のように書きやすい

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id327253/p0/s5/

↑のイケンはすべて可愛さあまって憎さ100倍というものだが。。。

私のようなコアファンは肩透かしを食うだろう

しかし、諸手を上げての大歓迎とまではいかないのだ(↓

http://moviessearch.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id327253/p0/s4/

「サービス」の質が変わったことは明白だ。

どうまとめるか?マリンで構想そのものを校正中である。(VSオリックス

(ここまで。校了とともに削除。

そして、もうひとつの悩みは、「私の発見」がこれから観る方にも、そして

既にごらんになった方にも、「サービス」になるのかどうかその判断がつかない。

・・・書くべきか?・・書かざるべきか?私の指も躊躇っている。。

この世のものごとは、後でジブンで知った(気づいた)方が楽しみが大きいからである。(つづく。

~~~
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B1%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%B2%E3%83%B3%E6%96%B0%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88

http://youtube.com/watch?v=p00Cb3zSBK8&mode=related&search

~~~(やはり、、同意な方はいた。

http://d.hatena.ne.jp/montar-01/20070902/1188837940


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0