So-net無料ブログ作成
検索選択

【2010-39th】KATYN(邦題:カティンの森):★★★★ [映画(か]

鑑賞記:父親への鎮魂映画
TKY200912180296.jpg

アンジェイ・ワイダ

日本で一番愛されているポーランドの映画監督である。
455014.1.jpg

1.おんなの戦争

始めるのは馬鹿な男たちだけど。もちろん「これ」は女たちに関係ないことではない
父親が去ってから、彼はずっと、母親を見ていた。
4362078268_cca9e3a6a0.jpg

20080618121632.jpg

katyn5.jpg

original.jpg

2.玉砕と降伏命令、どちらが戦士にとって幸福か?
katyn_de_andrzej_wajda1.jpg

日本がいちおう世界から<今も>一目置かれれている理由は・・・

生きて虜囚の辱を受けず」である。「経済や技術」は2の次だ(きっぱり

さて、カティンの森事件であるが・・これは恥ずかしながら知らなかった。
画像は悲惨を極める。覚悟のある方だけ→こちらをどうぞ。
katyn_by_andrzej_wajda.jpg

3.映画監督としての精算作

・・と言える。人生とは映画であり、映画は、人の生き様を描く。
A4.jpg

彼が生涯を掛けて映画いていたことは
8787-004-916EB4EE.jpg

「人が人を抑圧することの醜さ」である。そしてもっと言うと
17e031e29fa07609120cc110.L.jpg

cinema_katyn.jpg

「そのことに従事する、あるいは服従してしまう人びとの醜さ・弱さ」だろう。
それが観客のこころを震わす。
katyn_terminal.jpg

・・楽しい映画ではない、また「楽しい映画全作品」はこの作品にひれ伏すだろう

plakat_katyn.jpg

彼はまだこの世にいるが、この映画は遺画といえる作品である。
アンジェイ・ワイダを好む人間はご覧になったほうがいいだろう。
KatynAFP.jpg

校了

作品と同様、重厚なたち。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0