So-net無料ブログ作成

【おひさま】「うんまい」三人娘。 [ドラマ]

白紙同盟.jpg

えらい<食いつき>だな・・どうしたものか。。

1.いくつもの「エ~!?

・・・を演じわける女。井上真央。
恋せよ乙女。.jpg

ま・・「真央だけじゃない」けどね。。

2.2番手の女。「満島ひかり

将来は、【魔性の女】になるといっとったな。成れたのかな?
ひかりも、業界にて<たくさんの類する女>に出会ったことだろう。
私たちの未来は?.jpg

3.さんざん美人、美人と云われ続けたおんな。その名は

マイコ。(本日の、一本
生きると等価だわね。.png

作中では、「大人びた娘」といふ設定らしいが・・・

オトナじゃぁ~~ん!』(←?

本当の美人は、美人と云われればいわれるほど
逆にコンプレックスを増す
ーー 朱色会 ーー

3千人の女がいれば、
3千のドラマがある。
nhk_large.jpg

三人娘。.jpg

・・・おっと、今日書きたいのは他のことだった。
脚本家がおそらくは書きたかった「玉葱男(高橋勇君)」の話。
今週は、ここがいちばん涙チョチョ切れた。

ん~しばしお待ちを。天気のいい間にアゼリア行ってきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

xx.3.11 『高橋勇』の日記

いよいよくるべき物がきた。赤紙だ。
お国のために粉骨砕身この身を捧げる。
母も喜んでくれている。いままで生きてきたのはこのためだ。
この先、どうなるのか?

思い返してみると、いままで生まれてからパッとしない人生だった。

勇という名を頂き、それに相応しい人生を送れてこれなかった。
しかし、兵隊になり、お国のために働くことで
それを取り返せるかもしれない。

戦地は連戦連勝だという。
わたしも、先に出征された先輩たちに負けないように
勇敢に戦いたい。しかし、やはり死は怖い。
生きて帰りたい。

~~~~~~~~

xx.3.12 『高橋勇』の日記

村の助役さんに呼ばれた。すぐくるようにとのことである。
「勇くん。おめでとう」

とえらい方にも激励され、こころが震える。

その後、
「ところで、君。アレは済ませたのか?」

「アレとはなんですか?」

 「アレと言えばアレだよ。君ィ「男になって」後顧の憂いなく
 海の向こうで戦ってほしい。」

まったく意味がわからず、指定された一軒家に赴いた。

(中略

xx.3.14 『高橋勇』の日記

兵隊になるのも大変なことだ。
その立場になってしまうと、いつも死を意識する。
気晴らしに映画を観ることにした。

すると可憐な女学生が目についた。
何という名前なのだろう。

考えてみるとあんな娘とは口を聞いたこともなかったな
気がつくと、少女の手を握ってしまっていた。
imagesCA69PU6E.jpg

なんということをしてしまったのだ。
恐怖に怯えた2つの瞳が、まぶたから離れない。

もう、はやく外地に赴きたい。

3.17   『高橋勇』の最後の日記

今日は出征の日だ。いいことがあった。
映画館でであった娘が、激励してくれた。

後悔の日々だったけど、これでいつでも「死ねる」。

もちろん死ぬつもりはない。戦争に勝って
故郷に錦を飾るのだ。そして・・

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人間ドラマとは人生のスナップショットなのだろう。
すべてを写すには、受けても人生のすべてが必要だし、TVドラマに
それは許されないが、優秀な作品は、どこを切ってもこのような
想像が可能なのである。そして、「おひさま」はそのような作品のひとつと成る

可能性を秘めており、・・・期待が高まる。
【姓】は変わることがあっても、「名」は、変わらない。.jpg

・・・あくまでも可能性だけどね。

校了


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0