So-net無料ブログ作成
検索選択

【2011-5th】ガリバー旅行記:★★★★ [映画(か]

鑑賞記:男が「巨人」になれる理由(わけ)

・・・自分に自信を持てない男子が急増中であることは、誰の目にも明らかなことだ。
特に、アメリカと日本でそれは顕著だ。

フロンティア(未開地)が見えにくい世の中

細かなるテクノロジーで雁字搦め
original.jpg

近いようで遠い仮想現実な人間関係

なんとなくどん詰まりな未来

頼りにならない男たちの代わりに、強い鼻息を吐くのは女たちだ。
よりおとこらしい女子たちが立ち代り、この世の中を引っ張っている。

我々が生きている世の中とはそんなところだろう。

「自分に自信があります。」ときっぱりいいきる男は、
このブログを読んでいる貴方の周りにどれだけいるだろうか?

~~~~ 

「サラリーマンは~気楽な稼業ときたもんだぁ~♪」

 

植木等さんがガハハと世の中を切り開いていった高度成長時代も、いまは昔である。

 

・・・映画の話だったね(つづく

1.この世で一番ツラいことは何?
それは「自分を偽ること。」・・・ジャック・ブラック
gt-019_large.jpg
イルカの様な瞳は健在。)

扮するメールマンもそのような役回りで登場し、この映画は回り始める。

2.勇気を発揮するために欠かすことができない2つの要素それは・・・

恋人と友人だ。
gt-247_large.jpg

恋人たちと友人たちじゃない。繰り返しておこう

恋人と友人だ。

<この世界>でガリバーとなった人を貴方は指を指せるはず。
gt-274rc_large.jpg

なんのことはない。2つの要素をその存在は手に入れたということである。

3.なぜ、いま「ガリバー」なのか?

社会を生きて行くということは、この物語のように
「ちがう世界」に体当たりをしていくということなのである。たった一人でね。
『俺いま、いいこと言ったな。』(←?

物語で描かれる世界は、例えば卒業したあとの新しい世界

または転職したあとの新しい世界

いままでとは異なる世界に、ひとは自分の都合とは関係なくいきなり
sub_large.jpg

放り込まれるのである。そして、いままでの経験をうまく使いながら

その新しい世界と生きていく。

生きていくということは、そういうことなのである。

このブログを読んでくれた貴方が、「2つの要素」に出会うことを願って。

いや間違えた。貴方自身が、自分で探して見つけなきゃいけない。

そうすれば貴方も「誰かのガリバー」に成れる。
gt-554_large.jpg

・・・あくまでも可能性だけどね。

その3人で、解決できない問題は、何一つない。
世の中とは、そういうものなのです(きっぱり。

校了。おやすみ。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。