So-net無料ブログ作成
検索選択

【2011-7th】岳ーガクー:★★★ [映画(か]

鑑賞記:千里の道も三歩から。

原作「」は全巻既読。そして、筆者(朱色会)は山男族に属している。
・・を踏まえて執筆する。(2009年、燕岳山頂にて)
2009・夏ー「表銀座」 469.jpg

1.「父のいた職場」に馴染めない女:まさみ
110204_gaku_sub6.jpg

2.「三歩という頂」に挑んだ男:旬
photo3.jpg

いたのか三歩(笑)

3.『やっぱり岳し』というコメントを抱いて臨んだが・・・

冒頭は初の途中退場かという出来栄えでよく「試写」通ったなという感じ。
観客も耐えに耐えた。それだけ三歩ファンが多いということだろう。
中盤からは、映画として楽しめる。
photo4.jpg

特筆すべきはレスキューヘリパイロット牧と完全同化していた渡部篤郎。
110204_gaku_sub4.jpg
さすがとしか言いようがない。(同一人物である)きっぱり。
他のサブキャラクターの演者さんの演技もしっかりしている。
布陣は申し分ない。

牧さん好き」は問題ないこの映画(←?

しかし、山男だけにいろいろと注文はある。
・卸したての汚れのない山の装備たち
・饒舌なるレスキュー隊員(彼らは、有事の際も岩のように沈着寡黙です)
そして、「誰に」この映画を供したかったのか?
ビーパル
山渓読者
・「岳人」(←?
・それ以外?
・・・がイマイチよくわからない。テーマがよくみえない。
この映画を見に来る方は、山に何らかのかたちで人生を使っている人たちだ。
その方々が満足する緻密さとテーマが必要だ。よって採点を辛くさせてもらった。

原作から感じる「人が山に吸われていく深淵のようなもの」は表現されてない。

演者たちの真剣さは、スクリーンから伝わる。 
photo12.jpg
ま、まさみも旬も映画俳優としては「三合目」付近だろう。まだまだこれから。

~~~~

・・・もう一度だけ「あの山へ」。
いや可能ならば何度でも。。
2009・夏ー「表銀座」 613.jpg

山はいいよ。いろいろあるけど。もうすぐ夏山。
元気な方は、しっかり準備して楽しもう。
photo1.jpg

校了

他の方のイケン


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。