So-net無料ブログ作成

【書評】映画のような作品「ホムンクルス最終巻」 [漫画]

ホムンクルスが最終巻を迎えた。第15巻で、完結となった。山本英夫

前回絶賛した作品「ブラッドハーレーの馬車」に匹敵する名作となっている。
ホムンクルス最終巻は名作 003.jpg

『漫画でこれだけ描けるのか!』と、久々に漫画という表現に驚いている。
類稀な深層心理描写・テーマと、展開の読めないストーリー。比類なき題材

物質とこころに正面から立ち向かった著者の闘いの綴りと云えるだろう。

「わたしたちは、物質(モノ)と情報に溺れかけている。」

その結果、個人と個人はとても離れてしまった。
1homu.jpg

1000Km先の情報を容易に取得できる代わりに、5mしか離れていない隣人の関心を
消失したのである。

中身から外見(装飾)へ。

カネでは得られないものから、金で得られるものへ。

濃密で面倒くさいところから、シンプルでストレスのない処へ。

本作品は、そのテーマから離れず、作者なりの結論の到達を果たした。

このような作品は、ほとんどが自己破壊を起こし、収集がつかなくなり打ち切りか
作者逃走となり終了するのが常だが、この作者は自分を見失うことなく完結させた。

ぜひご覧頂きたいです。

他の読者の感想はコチラ

校了


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0