So-net無料ブログ作成

【2011-14,15th】さや侍:★★★★★/X-MENファースト・ジェネレーション:★★★★★//☆ [映画(さ]

鑑賞記:生きていくために必要なもの
110120_saya_main.jpg

松本の三作目「さや侍」を鑑賞した。

・・・今日であの震災から3ヶ月となる。その日以降、生まれるはずだった多くの「笑い」が流された。
101222_saya_main.jpg

主役の野見隆明も素晴らしいが、娘役の熊田聖亜ちゃんが効いている。
つくづく・・(以下略
110120_saya_sub3.jpg

芸人が一番恐れているものは
「笑わない観客」である
ーー 朱色会 ーー
110120_saya_sub7.jpg 

3.芸人としてのけじめ

松本人志が「お笑い」をどう捉えているのか?それが解る作品だ。
直球が観客に投げかけられる。捕球できるかどうか試して頂きたいです。
101222_saya_making.jpg

吉本興業はこれからも「お客はん」に愛され続けていくことだろう。
110120_saya_sub9.jpg

100年先も、千年先も、「それ」はあるから。(涙

・・・それがある理由が垣間見える。軍師松本の旅はつづく。
635.jpg

~~~~
続いて、「X-MENファースト・ジェネレーション」を鑑賞。
x_men_first_class_yokoku-001.jpg

鑑賞記:私たち全員が背負わされている十字架、それは「偏見」

1.SFと現実

の切り替え(コラボレーション)が絶妙。

ケビン・ベーコン。悪役が板についてきたなぁ。。
110422_xmenfirst_sub1.jpg

2.目が肥えた観客も大満足

のSFアクション。圧倒的。ミュータントに限らず
ひとりひとりは全て「ユニーク」な存在。まずは自分を誇り、そして他人を尊重しよう
・・・というのがこの映画のメッセージである。
ひとりとして同じ人はいないのである。110530_x-men_main.jpg

女優さんたちも艶やかです。つい目線が・・・『チラ見たわね。』
110422_xmenfirst_sub5.jpg

3.王道的な「オリジン」もの

「敵が自分の存在価値を高める」からの脱獄がテーマ。

110422_xmenfirst_sub3.jpg

X-MENファンでなくてもたっぷり楽しめます。
110422_xmenfirst_sub7.jpg

答えられないQをここまで読んでくれた貴方に。

偏見から始まらない戦いを、上げてください」


逆にいうと全個体がそれを捨て去れば、平和が完結する。
・・それが「簡単なことではない」ことは、歴史が教えてくれている。

是非劇場でご覧になってください。お薦めです。

校了


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0