So-net無料ブログ作成
検索選択

【2011-37th】エンディングノート:★★★★ [映画(あ]

エンディングノート」を錦糸町で鑑賞した。

鑑賞記:娘の瞳

エンディングノート.jpg 

1.人生の頂きを感じたあとのこと

<人生の頂き>の定義は、人それぞれ異なる。

・就職
・自らが選んだ「仕事」の成功
・容姿/体力/技能の成熟の実感
340065view005.jpg

・結婚
・出産
・子供の成長、旅立ち

・(定年)退職

と、そして

死期を感じた時 

などなど 

2.2合目あたりで出会うのが「丁度いい」

340065view003.jpg 

頂きに登ってしまったら?・・・もう、下りるしかない。 

<下り坂>を誰と過すのか?

そしてどのように過すのかはとても大切なことです。
340065view004.jpg

「もっといい頂きに辿りつきたかった」

などと詰り合いながら下山するのは私とて願い下げだ。 少なくても

『いっしょに登ってくれてありがとう。また行こうね。』だろう。 <また>は在るかどうかはその時点では本当に分からない。

<最期のことばを交わせる相手>がいることが、人生が恵まれているということなのかもね。 

3. 人が遺すもの、それも「人」

340065view006.jpg 

人は、モノに拘る。だけど、このブログを読んでいる

「貴方自身」が遺産なのです。そして、あなたの周りにいる人すべてが、これまでに亡くなった人間(人類)の共通の遺産と云える。
340065view002.jpg

・・・と、いうことがわかった。 この映画を観て。

少々出演者たちに助けられている感のある作品ですが・・・しっとりとした佳作です。
いい親父さんでしたね。.png
『お父さん。。立派でした。』

「大切な人」とご覧になってください。

校了 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0