So-net無料ブログ作成

【報告】静かな海-Part2:仙台荒浜〜名取閖上(ゆりあげ) [コラム]

の、被災地を巡ってきました。。今は言葉もありません。ここに、「街」が生きていました。
ただ、眺め廻るだけで、疲れました。
S0229028.jpg

1.「ことば」の限界

<筆舌に尽くし難い>という表現がある。ことばが、現実に屈し、表現には限界があるという意味を表している。 
S0878122.jpg

2.古(いにしえ)のことばの重さ

去年の12月3日、実家の元町内会長さんが亡くなった。その人は長年町内会長を歴任し
地元の長老としてその街の礎となった。地主の一族だった彼の遺したことば。

「海のほうには、棲むもんでねぇ。」

仙台は、駅も内陸にあり、そして造成も歴史的に山を中心に築かれている。
そして、それには理由が在るのである。
S0089011.jpg 

まず、「荒浜」に向かった。名付けられた名前とは異なる静かな海がいまは横たわっている。
S0447391.jpg
津波を引き起こした浜辺とは到底思えない。しかし、浜を振り返り、陸側を顔を向けるとそれは夢でない
ことを確認できる。

S0287373.jpg

生き残った木は、何を思うのか?
S0347379.jpg

慰霊碑に向かう。
S0377382.jpg

S0407386.jpg

人間の奢りは、いともたやすく自然に飲み込まれた。
S0567407.jpg

荒浜の小学校には、バイクが<帰らない持ち主>を待っている。
S0787437.jpg

閖上へ。(続きます。
S0558078.jpg

「爆心地」ということばが脳裏に浮かんだ。。。
S0907451.jpg

いつも。いつまでも・・
S0079009.jpg

IMG_0966.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0