So-net無料ブログ作成

千葉オートサロン2012 [クルマ]

第30回)に行って来ました。『AutoSalonよ。私は帰ってきた。』
AUTOSALON 2012 365.jpg

午前中の会場のもよう。空いている。普通に歩ける。
AUTOSALON 2012 349.jpg

今、クルマ市場は急激に縮退している。そのなか、その周りの市場を司る業界の
ひとつであるカスタムカー市場の動向に触れるため、幕張メッセに赴いた。
AUTOSALON 2012 338.jpg

クルマを操る情熱とは、思春期のそれと同じか、それに少し幅がある程度つまり
18~40歳くらいだろう。しかし、この年代層はいつの日からかクルマに融通できる
お金を失ってしまった。
AUTOSALON 2012 006.jpg

スポーツカーであるFT-86(BRZ)は、この時代のメーカー側の『回答』のひとつだ。
いったいいくらで売りに出されるのか?期待したいクルマのひとつである。
まだ売りだしていないクルマも、この見本市では数台認めることができ、
それはつまりメーカーとサードパーティが良好な関係にあるということでもある。
AUTOSALON 2012 004.jpg

クルマは我が国にとってこれからもこの基幹産業のひとつであることを望みたい。
そのためには、消費者が有効なサービスを買い支えることが不可欠なことは
云うまでもないことだ。
AUTOSALON 2012 014.jpg

(つづく。腹減ったので温かいラーメンたべてくる。ソネブロまた重たい。

私自身も故あって去年クルマを手放した。今は、クルマのない生活を送っている。
それで生活してわかったこと、それはクルマの維持費は生活にかなりの負担となっている
ということである。クルマが無くなった途端に生活がラクになったと自覚できる。
AUTOSALON 2012 010.jpg

この会場にくるには自転車を利用した(ところに私は住んでいる)
都内ではクルマがなくても特に支障ないが、地方ではまだまだ必需品だろう。
国是としてのクルマ社会とは、石化燃料を使用しないだが
まだまだインフラは整っていない現状である。(EV 2000GT撮りそこねたorz...

AUTOSALON 2012 022.jpg
(マツダというよりは、日本の栄光。ずっとこのクルマは語り継がれる。。
 今も、キレイです。

もうひとつのギョーカイの生き残り方としては、『ニッチ(金持ち)』に寄り添うと
いうやり方である。が、これは<真っ当な勝利>とは云えないだろう。
AUTOSALON 2012 120.jpg

 

と、カタい話はこれくらいにして、今日イチの娘さんはコチラです。(待ってました←?
AUTOSALON 2012 046.jpg
(リアルリプミラという感じ。

<非凡なるモノが、生き残る>という写真をいくつか。
AUTOSALON 2012 076.jpg

AUTOSALON 2012 083.jpg

AUTOSALON 2012 084.jpg

AUTOSALON 2012 095.jpg

2番手(?)な娘。擦れていない子にレンズを向けてみました。全員ではありません(←?
AUTOSALON 2012 113.jpg

ショーの見処のひとつ。SUBARUブース。まとまりがあり、プロモーションビデオは必見。
AUTOSALON 2012 170.jpg

AUTOSALON 2012 163.jpg

AUTOSALON 2012 191.jpg

明日いらっしゃる方は、是非お立ち寄りください。
AUTOSALON 2012 196.jpg
(SUBARUの魂)は生き残っている。

クルマは、楽しい思い出を運んでいる。
AUTOSALON 2012 205.jpg

AUTOSALON 2012 230.jpg

今日のトリ。尊敬する土屋圭市氏に遭遇。
AUTOSALON 2012 290.jpg
・・・文句なくかっこいい。この人の様に歳を重ねたい。

いい一日でした。今日も読んでくれてありがとう。
AUTOSALON 2012 339.jpg

校了です。お休みなさい。

・・・明日の予告先発は『デビルズ・ダブル』。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0