So-net無料ブログ作成
検索選択

【783節:映画】風立ちぬ:★★★★ [映画(か]

鑑賞記:風は、廻(めぐ)る。 

1.作品は廻る

久しぶりに映画ブロガの方々と集う機会があり、映画を肴に酒を呑む機会に恵まれた。
その肴というのが本編の話題である。

その人たちから得られたことばの力が、今私のキーボードを打つ指に力を与えている。

『なんという感性であり、解釈をするのだろう?』
そのことばは力があり、説得力があった。
それはそのひとのもつ厚い経験が言わせていることがよくわかる。

ーー

 TKY201306060332.jpg

「風」の谷のナウシカ
から宮崎駿のオリジナル作品は始まり、
「風」立ちぬ
にて現在に至る。

その絵は「宮崎駿の博覧会」のごとくいままでの作品を彷彿とさせる。
24106093.jpg

01-01.jpg

立志編の部分で心に残ったこと

に、してもメガネを掛けている人の望みとは、「裸眼で流れ星を見ること」とはね。。 

 

2.モノは回る

ものづくりを自分の生に使おうと決めた人にとって、この作品はこころ穏やかにさせておかない。
どんなものにも様々な思惑と結果がついてまわる。
kazetachinu_new.jpg

工業作品だけではない。インフラや文化作品も然り

人がそれでも何かを作り続けていけるのは何故かというのがこの作品を観る人の観点として
必要なこととおもう。何かを作っている人はそれを携えて劇場にお越しください。

2013-05-10_115738.png 
(原作者:堀辰雄

 

そう

それでもわたしは(あくなき)つくりつづける

のである。

劇場は満席だった。その中央に座り映画の光に照らされたひとの頭は
さながら夜明け前の平原を埋め尽くすかぼちゃ畑
のようだ。そのかぼちゃのひとつとなっていることに心地よさを覚えた。
劇場の醍醐味のひとつである。


3.そして、ひともめぐる。

人は、志を共有できる先輩または後輩に出会える旅をしている。誰しも。
(同輩じゃない。受け、継いでくれるひとを探しているのだ)

76663.jpg

庵野秀明の声は次第に作品に溶け込んでいく(ように私には感じた)
本作品には「わたしはこの作品をもって引退する」というくだりがある。

庵野は声だけでなく、たとえば本人の作品でよく効果的に使われる
擬音に人間の声を含ませる
というアイデアなども提供され採用されており、興味深い。

ーー

「次の十年の人」つまりXとはだれを指すのだろうか?
・漸くと現れた弟子(が、一番<ある理由>にしっくりくるが)
・まだ見ぬスクリーンの前に居るだれか
・10年先も何かを作っている(新しい)本人

その答えは、劇場で貴方が判断すればいいことである。そのためにも…
kazetachinu_k.jpg

・・ま、大概はそのようにはならないが(きっぱり

校了


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

ノラネコ

先日はお疲れ様でした。
この映画の話は尽きないですね。
宮崎氏の10年論、何気に本人はもうキャリア50年なんですが、どこまで行くのでしょう(笑
観るたびに深みを増す、スルメみたいな映画です。

by ノラネコ (2013-07-31 22:39) 

朱色会

宮崎監督は、原作者の、原にも、そして堀越にも自己を投映している様に感じました。作品の提供先を、ものわかりのいい大人たちに変えたのかも知れません。その節はお世話になりました。また、別の肴で。
by 朱色会 (2013-08-03 20:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3