So-net無料ブログ作成
検索選択

【785節:映画】かぐや姫の物語:★★★★★ [映画(か]

鑑賞記:必要なものだけが在る世界
 
82691.jpg 

人のもてなし方とは、主にふた通りある。
・バイキング・食べ放題・満漢全席といった、宝飾(いっぱい)あふれるもの
・たったいっぱいのお茶を供する茶道
…いっぱいとは、2つの意でもあり、やはり一意とも云えるのである。

1.語り継がれる意味
とはどういうことなのか?
を考えてみる。
それは「語る価値のあることであり、その価値は失われていない」という事実につながる。
人間の寿命は尽きるが、この物語の伝承はまだ続いている。
maxresdefault.jpg 

2.蝶よ花よと育てられる性の苦しみ
にこころがざわつく観客(主に女性)もいるのではないか?
それが抗えないほど、親の行為は善意(よかれば)に溢れているからである。
『こどもは、天からの授かりもの』
20131123153158.png 
端的にいうと、それが続いているからこそ、人の世もつづいていく。

3.地井武男(おとと役)の演技
が素晴らしかった。親とは、「子の幸せの最大の応援団」なのだ。
がよく伝わる。
kaguyahime.jpg 
また、「それができるひとが親となる」のだとおもいたいね。。
・・・さっこん(の事件)はまちがいがおおいねぇ。

シンプルなことを伝えるためには
話も絵も単純にするに限る。
削ぎ落とされた背景は、人物をより浮かび上がらせる。
241.jpg 
単純な線は、原点回帰し、いきいきと元気を取り戻し、躍動する。

土や蝶のことを語って様になる人々は少なくなった。。
高畑勲さんもそのひとりである。流石である
b41e90da5bc8688a6e0da0f4b905902d9b7d62511382577924.jpg 

閉幕後のわたしといえば、まるでとてもいいお茶を提供され、
堪能した心地で溢れていたのである。ほっこりした。そして、あっと言う間でした。
130分余のお茶会。私にとってこの映画は、そのような作品でした。

貴方がどうなるかのかは、貴方自身が劇場に赴き、確かめてみるのが
よろしかろう。ではまた何処かで

校了
 
(20131126 鑑賞)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0