So-net無料ブログ作成
検索選択

【786節:映画】「42」~世界を変えた男~:★★★★★//☆☆ [映画(や]

鑑賞記:アメリカの資産

・・・最近の私は点数があまかった。。なので本編の評価はこうなる。

1.やはりドチャースだった

T-f-nomo-090823-032.jpg

自由と平等の国:アメリカ
今がどうかはわからないが、自由に競争をすること、
その機会が平等に与えられること
が始まったのは、「それほどの昔」ではない。

また、この映画は(人間を律する存在)として
アメリカ人の根底にある
宗教についても言及があり、興味深い。
彼らにとってみれば、宗教観のほとんどない
割には人間としての律を高めている日本人は
不可思議な存在として目に写るだろうな。とは思った。

2.人間とは、他を応援・賞賛をする生物

・・・動物との違いは基本的にこれだけだろう(きっぱり

私も野球ファンなのでこの作品は大いに楽しめた。
日本のプレーヤー全員に観てもらいたい作品である。

3.近代メジャーリーグ=アメリカそのもの
アメリカの近代歴史、とくに人種差別問題とMLBの歴史はぴったりと重なる。
野球とはアメリカにとって文化であり、産業であり、政治であり、
それは詰まるところ「アメリカという国の成長の記録」なのである。

42#4.jpg

各々の出演者たちは自分の立場で
ある問題」に立ち向かう。その中心にいた<開拓者>が
Dodgersゼネラルマネージャー:Branch Rickey

近代MLBの最初の黒人プレーヤー:Jackie Robinson
である。

42_1.png

大人とは、「真にかっこいい」ことだけを
子供に真似をさせるべきである。
ーー 朱色会 ーー

42_news.jpg

自分の仕事に辛さを感じたり、悩みを持っている人は
この映画からヒントを得るかもしれない。

私にとってこの作品は、そのように心に映りました。

Q。貴方のポジションは?

ではまた、どこかの劇場で。

(20131201 鑑賞)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。