So-net無料ブログ作成

【788節:大いなるときの流れの中で】最終節 [校了] [コラム]

嗚呼、どんなにか君が生まれてくることを、多くの人が望み、うれしがるか、わかるかい。

DSCF6054.jpg

そしてそういうわたし自身も、そういう存在であることを思い出させてくれるのも、やはり君。

たくさんの一族が同じことを行い、そうして私たちはこの時代(とき)、この地に居る。

また、ひとつの、いのちが、生まれた。
DSCF6191.jpg

わたしも、おなじことをするのだ。

いのちが続くために必要なことをしよう。それは本当に単純なこと。

わたしの親も、そのまた親も同様にしてきたことをしよう。

それが続くかぎり、いのちは 続いていく。

DSCF6106.jpg

・・嗚呼、親バカと嗤いたければ笑ってくれていい。

今日、上がってくる朝陽(たいよう)は、そう、今日、上がってくる朝陽は

君の頬を照らすために、昇ってくる。

DSCF6101.jpg

いのちが続くために必要なことをしよう。それはなに?

多くのよき人々に「恵」まれ、おおきな「みのり」ある人生を。

おしまい


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0