So-net無料ブログ作成

【2011-38th】カイジ2~人生奪回ゲーム~:★★★ [映画(か]

カイジ2を鑑賞した。主役はあの「沼」楽しみだね。あとは「ざわざわ」をどう料理するのかな?と興味はつきないねこの作品は。。。

鑑賞記:かっこいい役より、情けない役の方が数段難しい

カイジの魅力は何か?

というと仲間を大切にしながら純粋で破天荒な才能を発揮するかっこいいカイジと、
110721_kaiji2_main.jpg

どうしようもなく卑屈な博打打ちとしてとてつもなくしょうもないカイジが

一人の人物に同居しているところであると思う。この対比演技ができるのかどうか?

カイジだけではない、利根川しかり、沼の支配人(一条)しかりである。
110721_kaiji2_sub2.jpg

この役に、3人の演技の手練が挑んだ。

演技とは、感情の再現であるという。であればどれだけ<現実の芸能界にて泥水を啜ってきたきた>のか?

それがこのような作品で役を演るときに発揮される(きっぱり

結論からいいますと

110721_kaiji2_sub5.jpg 

藤原竜也<伊勢谷友介<<香川照之となった。つづききはまた。 

(つづく 

1.男優の布陣と比べると・・・

由里子。お前。。。まだまだだなぁ~ 
まだまだだなァ~
まだまだだなあ~~(こだまでしょうか←?  
110721_kaiji2_sub4.jpg

もっと汚れろ(←? 
お嬢ちゃんにはちょっと辛い役でした。今後に期待します(きっぱり

2.原作通りの進行は安心して観られるが、捻りは欲しい

ともかくもこの映画は原作しっている人が多いと思うので
原作通りにやるのは定石なんだろうなとは思う。 

3.楽しみにしていた「卑屈シーン」は、やや不発

どうしても優男たちの照れがヴェールとなって<かっこいい卑屈>といふよく分からないものになっているのは残念だ。つまりはちやほやされ過ぎて「卑屈」が分からんのだろう。。仕方がないな。撮り直さなかった監督に全責任がある。 
110721_kaiji2_sub1.jpg

ざわざわもなしorz...それで、星3つにしました。

でもカイジファンなら観れるかな?

とは思います。 ま、普通に盛り上げって面白いよ。

ざわざわは3に期待(しつこい。

 

校了。おやすみ。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2011-22th】カーズ2(吹替版):★★★★ [映画(か]

前作に引き続いて、Cars 2 を鑑賞した。

今回の主役は、「メーター」!
110609_cars2_main2.jpg

完全に子供(それも男児たち)に供せられている作品だ。
元男の子も、おとこの子に戻り、楽しもう。『女の子もね。』

鑑賞記:クルマたちから見える我々

1.クルマの目

私たち人類は、クルマと暮らしている。
『クルマに、もしも意思があったのならば?』
・・・それは、男ならば一度は考える夢想だろう。
110427_cars2_main.jpg

motorizationを果たした国々を廻るグランプリ!(中国はその意味でも、まだそれを果たしてはいない。
クルマには「個性」があり、それはニンゲンに似ている。
クルマにはそれぞれ「欠点」があり、それはニンゲンにそっくりだ。
クルマには「特技」があり、それもニンゲンに酷似している(笑

なぜか?クルマはその土地(国)の文化と歴史を背負っているからである。
そのことが人間とクルマを近づけている。
2011 Mazda Miata MX-5 5.jpg
目は、口程にものを言う。クルマほど、必然的に目と口と手足を持つ機械はない。

2.Complexがすべての厄災の始まり

「話はシンプル。」
観る人々をしたたかに喜ばせる映像にご満悦となった。観客として満足です。
110610_cars2_sub3.jpg

3.「ひとり」で勝っても、それは<楽しくはない>

110610_cars2_sub4.jpg
(映画のQualityを示すため、大きい画像を掲載致しました)

『ニンゲンってヘンなことばっかりやってるよね。』『そうだよね』
・・・という声が聞こえる。

~~~~


少年少女たちへ。ま素直に友人(ひと)を思おうね

君が「マックイーン」の立場だろうと、「メーター」の立場だろうとそれは関係ない。

それがこの映画の骨子であり、この映画はそれしか言ってない(きっぱり

夏休み映画としてお勧めできる映画2本のうちの一本だ。
(もう一本は、明日、掲載致します)
101220_cars2_sub1.jpg

是非、映画好きでクルマ好きの親御さんは、こどもさんたちを連れていってくださいませ。

吹替版がお勧め。声の役者たちの技を堪能しよう。

校了


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2011-20th】コクリコ坂から:★★★★ [映画(か]

鑑賞記:力強き「普通の人々」

コクリコ坂から」を鑑賞した。尚、朱色会は吾朗ちゃんと同世代である。
本レビューは長くなる。完成までに多くの方々がご覧になるだろう。
65756756byGAF.JPG

だからまずは云っておきたい。
15秒と数秒間。駿さん自身のことばがある。それを探すのがまずこの映画を鑑賞する一興だろう。
それは、脚本家のささやかなる特権である。

・・・それでは、取材と執筆を開始します。

1.「」とは本来、数世代の人間が重なって使うもの
(校正中)

2.少年少女帰宅部たちへの「誘い」
部活動とは
<少年少女が初めて直面する大人遊び>である
ーー 朱色会 ーー
「早く大人に成りたい」「憧れる大人たちに自分を近づけたい」
・・・それはやってみれば<いかに自分ができない存在なのか>の
 確認の場だった。。今思い返すと。
20110715_0501.jpg
その時にしか感じられない感情とは存在する(きっぱり
その感性のなかで、経験しておくことがその場所には在る。
諸君。帰宅部たちに<与えられるもの>は、
そのときの大人たちが出来上げたものをただ呑み込むだけの作業
なのだ。
・・・と、この作品は訴えているように聴こえる。
閑話休題。生真面目るな事柄を書いたが、山岳部の連中が男女一人ずつ
この作品に「出演」しておりこれはまいった(笑
(本日、その二人は富士山登山中である)
手前味噌な内輪ウケで申し訳ない。

3.<ムリなつま先立ち>をやめた「ギブリ

踵(かかと)をしっかりと地につけた絵を堪能できる。
「(親父さん抜きで)いま私たちができることをしっかり演りました」

それは、今までのジブリとの決別とも取れる。昔のファンは、冒険活劇を求め、一抹の寂しさを感じるだろうが、
月島にて。 002.jpg
・・・私は評価したい。
他の方のイケン

いまはその時ではないと決めたのだろう。
暑い日々」がつづく。これからも。この作品は、涼しさや清々しさだけでなく
火鉢の様に体の中の心を内側から暖めてくれる。
<暑い日の、熱い玄米茶。>朱色会にとって、この作品はそのような作品です。
『いのちがつづいていくことが、たいせつなんだ。』

・・・・それではまた5年後に。

(告白)吾朗ちゃん・・・君は、私と同じだ。
img2204_et-20101217-01.jpg

校了


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

【2011-7th】岳ーガクー:★★★ [映画(か]

鑑賞記:千里の道も三歩から。

原作「」は全巻既読。そして、筆者(朱色会)は山男族に属している。
・・を踏まえて執筆する。(2009年、燕岳山頂にて)
2009・夏ー「表銀座」 469.jpg

1.「父のいた職場」に馴染めない女:まさみ
110204_gaku_sub6.jpg

2.「三歩という頂」に挑んだ男:旬
photo3.jpg

いたのか三歩(笑)

3.『やっぱり岳し』というコメントを抱いて臨んだが・・・

冒頭は初の途中退場かという出来栄えでよく「試写」通ったなという感じ。
観客も耐えに耐えた。それだけ三歩ファンが多いということだろう。
中盤からは、映画として楽しめる。
photo4.jpg

特筆すべきはレスキューヘリパイロット牧と完全同化していた渡部篤郎。
110204_gaku_sub4.jpg
さすがとしか言いようがない。(同一人物である)きっぱり。
他のサブキャラクターの演者さんの演技もしっかりしている。
布陣は申し分ない。

牧さん好き」は問題ないこの映画(←?

しかし、山男だけにいろいろと注文はある。
・卸したての汚れのない山の装備たち
・饒舌なるレスキュー隊員(彼らは、有事の際も岩のように沈着寡黙です)
そして、「誰に」この映画を供したかったのか?
ビーパル
山渓読者
・「岳人」(←?
・それ以外?
・・・がイマイチよくわからない。テーマがよくみえない。
この映画を見に来る方は、山に何らかのかたちで人生を使っている人たちだ。
その方々が満足する緻密さとテーマが必要だ。よって採点を辛くさせてもらった。

原作から感じる「人が山に吸われていく深淵のようなもの」は表現されてない。

演者たちの真剣さは、スクリーンから伝わる。 
photo12.jpg
ま、まさみも旬も映画俳優としては「三合目」付近だろう。まだまだこれから。

~~~~

・・・もう一度だけ「あの山へ」。
いや可能ならば何度でも。。
2009・夏ー「表銀座」 613.jpg

山はいいよ。いろいろあるけど。もうすぐ夏山。
元気な方は、しっかり準備して楽しもう。
photo1.jpg

校了

他の方のイケン


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2011-5th】ガリバー旅行記:★★★★ [映画(か]

鑑賞記:男が「巨人」になれる理由(わけ)

・・・自分に自信を持てない男子が急増中であることは、誰の目にも明らかなことだ。
特に、アメリカと日本でそれは顕著だ。

フロンティア(未開地)が見えにくい世の中

細かなるテクノロジーで雁字搦め
original.jpg

近いようで遠い仮想現実な人間関係

なんとなくどん詰まりな未来

頼りにならない男たちの代わりに、強い鼻息を吐くのは女たちだ。
よりおとこらしい女子たちが立ち代り、この世の中を引っ張っている。

我々が生きている世の中とはそんなところだろう。

「自分に自信があります。」ときっぱりいいきる男は、
このブログを読んでいる貴方の周りにどれだけいるだろうか?

~~~~ 

「サラリーマンは~気楽な稼業ときたもんだぁ~♪」

 

植木等さんがガハハと世の中を切り開いていった高度成長時代も、いまは昔である。

 

・・・映画の話だったね(つづく

1.この世で一番ツラいことは何?
それは「自分を偽ること。」・・・ジャック・ブラック
gt-019_large.jpg
イルカの様な瞳は健在。)

扮するメールマンもそのような役回りで登場し、この映画は回り始める。

2.勇気を発揮するために欠かすことができない2つの要素それは・・・

恋人と友人だ。
gt-247_large.jpg

恋人たちと友人たちじゃない。繰り返しておこう

恋人と友人だ。

<この世界>でガリバーとなった人を貴方は指を指せるはず。
gt-274rc_large.jpg

なんのことはない。2つの要素をその存在は手に入れたということである。

3.なぜ、いま「ガリバー」なのか?

社会を生きて行くということは、この物語のように
「ちがう世界」に体当たりをしていくということなのである。たった一人でね。
『俺いま、いいこと言ったな。』(←?

物語で描かれる世界は、例えば卒業したあとの新しい世界

または転職したあとの新しい世界

いままでとは異なる世界に、ひとは自分の都合とは関係なくいきなり
sub_large.jpg

放り込まれるのである。そして、いままでの経験をうまく使いながら

その新しい世界と生きていく。

生きていくということは、そういうことなのである。

このブログを読んでくれた貴方が、「2つの要素」に出会うことを願って。

いや間違えた。貴方自身が、自分で探して見つけなきゃいけない。

そうすれば貴方も「誰かのガリバー」に成れる。
gt-554_large.jpg

・・・あくまでも可能性だけどね。

その3人で、解決できない問題は、何一つない。
世の中とは、そういうものなのです(きっぱり。

校了。おやすみ。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画