So-net無料ブログ作成
検索選択
映画(さ ブログトップ
前の5件 | -

【790節:映画】シン・ゴジラ:★★★★ [映画(さ]

鑑賞記:「半世紀を超えて私たちの胸に居座るゴジラとは何物か?」

シン・ゴジラを鑑賞。庵野総監督自身も自らの作品のリメイクで
シン・エヴァンゲリオン劇場版を過去描いている。果たして、シン・ゴジラのシンとは
如何なる漢字が当てはまるのであろうか?
そのような疑問を抱きつつ、あまり事前情報を入れずに映画館へ赴いた。
CpI1adBVYAAC7Ps.jpg large.jpg
(2016年のG:鑑賞後、レビュー前にオリジナルのゴジラを鑑賞したあと
 この文を書いています。)

1.ゴジラとは、「現実の脅威」の象徴

自然のもの・人工のものを問わず
一度、その姿を現し、そのものが現れると、私たち人間に
できることはそれが行う行為から避難をするだけが許されており、
そしてそれが静まり、どこかにいなくなるまで私たちは
「それがおこなうこと」をただ黙視するしかないもの・・
それは何?という問いに対して私たち人類は
いくつかの『答え』を云うことができる。

古来、竜巻は文字通り竜であった。
そして台風は風神の仕業とされた。
そして時は流れ、自然のものだけであったそのあるものとは
自然以外のもの、つまり人間(の行為)がその原因の一端を成すもの
が加えられることとなった。

2011年3月11日以降に、その答えが増えたことは
まだ記憶に新しいし、その後もいくつか増えている。
epi1-1.jpg

私が生まれる10年以上前になるが
1954年に、ある作品がこの世に生まれた。「ゴジラ」である。

2.二ホンの(現在の)有様を、ゴジラを使って描く

映画の目的とは、人間と人間たちを描くことにある。
その説明のため、あるいは説法に集まってもらうために何を
用意するのかということになる。

例えば、怪獣やゾンビを出してもその表現だけでは観客は
飽きてしまうのである。その対象に反応する人間の有様を描く
ことで初めて観客は作品と同化を果たす。

この作品を劇場で見たとき、もちろんその場はほぼ緊張感に張りつめた
ものであったが、ときどき、笑いが起きていた。この笑いの対象は
もちろん日本に再来してくれたゴジラではなくて
それに反応する私たち日本人(の組織)に対するものであった。

どのような対象がくるにしろ、実は対処ができるのは
その準備ができているからである。
日本人は、古来より不規則かつ突発的に多くのあるものたちが来るため、
経験としてしみついており、その準備に余念がない。

台風・地震・津波が起きたときの人的被害が
諸外国と比べ押しなべて低いのは対応がいいのではなくて
すでに準備を終わらせているからである。

さて、ではなぜできているのかというと
それはやはり法治国家であるがゆえの法整備ができているということだろう。
国民から預かった税金をどのように(準備に)つかうのか?
それは会議を重ねに重ねた結果として(来る前に)決まっているのである。

私たちは、会議に参加していないので、こういう作品を観ると
つい会議を嗤ってしまいますが、それが始まる前に会議が終わっていること。
つまり終わらせた人たちがいることをこの作品は気がつかせてくれる。

(加筆)
ただし、製作者たちはこの『準備偏重主義のクニ』日本を諸手を挙げて歓迎している
のではない。昨今の脅威は、「ゴジラほどのらくろではない。」のである。
なので、本日も休日返上でどこかで会議は重ねていると思いますが…
img0002.jpg
(加筆おわり)

3.60年経った今、改めてゴジラを描くこと

最初の問いに戻ろう。私が仲間内で話した中では「新」ではないかという
でも私は「真」を振りたい。SF好きの方ならば「幻魔大戦」という作品を
思い起こす人がいるのではないかな。

と思ったりもしたが実のところ・・・

「ゴジラ(を描くの)はつらいよ」

で「辛・ゴジラ」だったりして(笑)おあとがよろしいようで。ではまた。
(たーたららららーらー←男はつらいよのテーマのつもり。)
a000554107_01.jpg
コブタさん。買ってくださーい

『ワタクシ、生れも育ちも・・・(以下略)』

(校了:2016.8.21)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2012-9th】戦火の馬(原題:WAR HORSE):★★★★ [映画(さ]

鑑賞記:スティーブン、「ひとりの馬」に出会う。

war-horse-movie-image-jeremy-irvine-01.jpg

war-horse-movie-photo-spielberg-directs__111124232555.jpg
やはり、いくさに馬は欠かせない。KUROSAWA親父も雲の上から喜んでいるだろう。

1.一頭の馬を主軸とした人間群像

WarHorse1.jpg
(↑舞台版【War House】動物は「演技」をしない。

できるだけリアルに自然に撮る。これがスピ兄ィのひとつの回答wwwWar-horse-movie (4).jpg

馬の目線から見える「人間たち」War-horse-movie (5).jpg

2.人間だけが戦っている。馬は無心に「走っているだけ」

War Horse.jpg

20120110Horse-War.jpg

3.ハリウッドのマキバオー、戦場を疾走す

このロングカット(ありえない長回し)にやられました。。
War-Horse-007.jpg
(このシーンだけで、入場料分の価値がある。)きっぱり

(われわれを売り買い使う)人間って、わかんね~(by馬たち

『でも結局、あなた方を乗せて走るのがすきなんです。』(涙War-horse-movie (7).jpg

・・・そのようにつくられ、ここにきました。

校了


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2012-6th】しあわせのパン:★★★★★//☆☆(フルマーク) [映画(さ]

鑑賞記:やさしさの畔(ほとり)

111115_shiawase_sub6.jpg

人間とは、二時間ずっとハラハラと泣きつづけることができるのか?
それは、可能である。・・・私自身が証拠である。

1.独特の映像色

知世さん。か・・・変わらねぇ。。(驚愕 と、いうかさらに美しくなっている。
111115_shiawase_sub8.jpg
(ショートヘアいいね。

パートナーを扮する大泉洋が、またいい演技をしている。
111115_shiawase_sub2.jpg

2.トウキョウ女と、北海道男
111115_shiawase_sub4.jpg

お店に立ち寄ったひとびとは、「何か」を見つけて旅立つ。

3.『・・・(沈黙)』が伝えること

人は、(特に日本人は)それほどはべらべらとは喋らない。しかし、それでも伝わるものは伝わる。

それを改めて気が付かせてくれた映画。【しあわせのパン】とは、わたしにとってそのような映画です。
ph04.jpg

 大切な人と是非ご覧になってください。お勧めいたします。
ph20.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2012-5th】J・エドガー『J.Edgar』(原題):★★★ [映画(さ]

鑑賞記:権力への執着は朝露の様に消え、やがて「友」情だけが陽の暖かみの様に遺(のこ)る

111122_JEdgar_main.jpg

できた。あとは戯言になりそうなので、明日も早いし、ソネブロまた重いので寝ます。
カントクは御大。レオとは初タッグかな。映画の日で今日は1000円で鑑賞できました(嬉110215_gossip_main.jpg

お休みなさい。

1.男のフリ方

一発でああなる御仁もいるのでね(きっぱり。
おんなたちよ。よくよく気をつけて扱って欲しいね。頼むよ(懇願←?
111122_JEdgar_sub6.jpg

2.孤高の男の属性

歴代の大統領を、<鼻垂れ小僧>としてあしらった男も、勿論人としての苦悩は持ちあわせている。

111122_JEdgar_sub5.jpg
オレは、大丈夫。オレはやれる。オレはやり遂げる。こんな感じの人、近くにいますかね?

3.自由な国アメリカとは、不自由なる歴史から生まれいづるこども

111122_JEdgar_sub3.jpg

自由をコントロールしてきた歴史(事実)が、納得感をもって観客のこころに響く。
111122_JEdgar_sub2.jpg
(「自由」を守るのも、楽じゃないねぇ・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2012-4th】ALWAYS 三丁目の夕日’64〔3D〕:★★★★★//☆ [映画(さ]

1964年は、私の父と母が結婚した年である。

翌年、わたしは生まれた。
poster.jpg

鑑賞記:「映画の中を生きる」ひとびと
main.jpg

1.世話焼きおばさんの活躍=人類の存続(きっぱり

もたいまさこさん。いい感じです。
img_306630_33023172_4.jpg
(世話焼きおばさんがいなくなった今、現代の少子化は当然の結果だろう)

2.トウキョウに棲むは「金の卵」の末裔
111215_always64_sub5.jpg
今回はノストラジックは抑えめ、そのかわり家族から家族へリレーされるテーマ
がクローズアップされている。それは何かって?劇場へどうぞ。

3.「何かを持っているひと」に成ろう
img_306630_33023172_2.jpg

それさえもっていれば、どの世でもなんとかやっていける。
それとは何かって?なんでしょう?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - 映画(さ ブログトップ