So-net無料ブログ作成
検索選択
映画(は ブログトップ
前の5件 | -

【778節:映画】ヘルタースケルター:★★★★★ [映画(は]

鑑賞記:完全自由という名の、絶対拘束。

楽しめた。。確かにこれは【映画】という媒体でないと、表現できないかも。

この節では、3人のおんなについて言及していこう。

エリカ・・・あれから、5年も経ったのか。
120209_heruta-sukeruta_main.jpg

原作は、岡崎京子

この監督。「お友達」が多いね。

1.UHDVを映画館で流しましたといえばそれまでだけど・・・

途中から、映画の顛末より『どこまでやるんだよ。どうして(これだけ表現)できるんだよ』が気になって仕方なかったね。

あああああ。俺の(←?)しのぶさんがぁ。
120524_helterskelter_sub4.jpg
桃井かおり(!)さんも堅調で安定な演技でエリカを支える。

2.狂騒曲→ノクターンへ。

120524_helterskelter_sub6.jpg

写真家と映画監督はまったくことなる人生を辿る。本編はその成果物も違いが際立つことが確認できる。ビジュアルの使い方も音楽の使い方も違いを確認できるよ。
ただ、独創的かといわれるとちょっとつらい。この表現形式はあのアニメ映画にとても似ている。

3.消費者というモンスターと、どう付き合うか?

昔はほぼ対等。そしてお互いに敬意があったかと思うが・・・やはりこの業界の霊長は
Jxだったのか?(←は、映画をご覧になると、たやすく確認できる。)

120524_helterskelter_sub5.jpg

なかなかにない作品で、それだけで観る価値は高い。私と同席した観客たちはほぼ全てエリカにのまれていたよ。頭から。ではまた。後ほど。エリカ。。もっとやれ!

120523_helterskelter_main.jpg

梅雨を弾きとばす映画だ。ご覧下さい。

校了


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2012-13th】Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち〔3D〕:★★★★★ [映画(は]

鑑賞記:「おんな」と男のこと

11091701_Pina_3D_20.jpg

1.ドキュメンタリーというよりは、追悼映画

ピナ・バウシュ。(~2009.6.30)
A-young-Pina-Bausch-train-002.jpg 

敢えていえばMichael Jacksonの、『This is it』と作風が似ている。

製作過程や舞台裏を期待するファンは、肩透かしを食う。

2.ダンス。それは万物の言語

「グローバル」ということばがあること自体、言葉の限界を示している。

たくさんの国から集まったダンスマイスターたちのピナに捧げることばは己の生まれた自国語だが、
11091701_Pina_3D_09.jpg

彼らの表現するものは、すべての国の人間が受け取れる。

3.女(汝)、動き、そして男、反応する

11091701_Pina_3D_19.jpg

言葉では伝えられないものを、伝える。・・・彼女は、それに一生を捧げた。
Pina-Bausch-During-Filmin-002.jpg

彼女を思い出す、弟子たちの憂いを帯びた微笑をご覧になってください。
11091701_Pina_3D_11.jpg
(「舞台」とは、あたしの足の裏にあるもの。

Q。貴方も、<倒れる寸前>だったの?
11091701_Pina_3D_07.jpg

・・・つまるところ、この世とは、その「繰り返し」だ。

校了です。私も今夜は、言葉を少なくしてみよう。おやすみ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2012-12th】僕達急行 A列車で行こう:★★★★ [映画(は]

鑑賞記:「鉄」は、<すべての道>に通ずる。
111121_BKA_sub2.jpg

取材&執筆中。・・・・取材しきれない。(笑

森田芳光

「家族ゲーム」。
「メイン・テーマ」。
「キッチン」。
(ハル)
haru.jpg
「失楽園」。
黒い家
「模倣犯」。

などを世に出す。

けん1.の素養

ケンイチは、平清盛などのたいそうな歴史人物じゃなくて、このような役が合っているなと思う。
111121_BKA_sub1.jpg
類友映画は、ほのぼのとした感情に包まれる。それこそ「映画の薬膳」と云えるのだ。

2.鉄道とは、誰のものでもなく「みんなのもの。」

とは、友人の言だがそのとおりだと思う。だれも、(クルマのように)独占はできない。
それに関わる人が共有している。そして、それに関わる人とは、その国の全員なのだ。

人間=鉄道+α

αがみんな違う。『それを認め合い尊重しなさい。』
111121_BKA_sub3.jpg

という(彼の)メッセージを受け止めた。

<なにかが好き>という感情には、なんの損得勘定もない。 そのような関係を持つことはとても重要なことです。
111121_BKA_main.jpg
なぜならばこの世は<損得勘定>に溢れ、この国のほとんどの人がそれに溺れかけているからである。

3.森田映画、ひとまず一区切り

私のことばを届けたい彼はもう(この世には)いないけれど、こうしてこの言葉を残しておこう。。

『ゆるゆると楽しめましたよ。』

貴方の望みどおりにね。
111121_BKA_sub4.jpg

うまく書けた。校了です。

Q。『あなたは、持っている?』・・・うん。わたしは、持っている。

おやすみ。

~~~~

→呼応する声たち(Yahoo!映画レビュー)

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2012-11th】STAR WARS エピソードⅠ/ファントム・メナス 3D:★★★ [映画(は]

鑑賞記:3Dに託すハリウッド

(売れる)話が生まれにくくなっている

やっぱり、1話(エピソード)で殺すには惜しいヤツだった(しみじみ
Star-Wars-Episode-I-The-Phantom-Menace-3D-Review.jpg
(ちぃと、帰ってきたで。

ルーカスが、いかにJapanese Cautureが好きか?改めてよくわかる作品だ。
068-439-077.jpg

風の様にやってきて、風のように去っていったあいつ。
darth-maul001-460x250.jpg

いつか・・・本当の意味で「あちら側目線」のスペース・サーガを観てみたい。
Phantom_Menace_3D_poster004.jpg

「善」と「悪」とは、お互いの呼び名でしかない。
ーー 朱色会 ーー
phantom-menace005.jpg
(戦士は、このときに輝く。「我生を得たり。」

Phantom_Menace_3D_poster001.jpg

Phantom_Menace_3D_poster002.jpg

VFXが採用された作品であれば、この作品のように3Dは比較的容易であることが解る。別撮りされたレイヤー作品は、今後も名作であれば立体化されるだろうが・・しかし・・
Phantom_Menace_3D_poster003.jpg

それが顕著すぎるきらいはあるね。今までの作品に頼ることなく、それを抜くことが先輩たちへの餞だろうと思う。

はつらつなる精神が垣間見える作品だ。まっすぐな人間のフォース(力)を感じる。
phantom-menace004-460x250.jpg

20世紀の作品です。あれから、だいぶ経つ。
貴方の目には、どう写りましたか?」
phantom-menace006.jpg

校了。おやすみ。
2度目雪と、ダークスモール2代目たち 019.jpg
(彼、強いね。剣道初段のわたしもたじたじ(笑

~~~

Yahoo!映画レビューアーのイケン


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2012-10th】HUGO(ヒューゴの不思議な発明)←邦題悪し。<2D版> [映画(は]

★★★なんじゃこりゃ。』(詰め込みすぎ。

鑑賞記:作りたいことだけ作れたら。
Hugo-Chloe_Moretz-Asa_Butterfield-Martin_Scorsese-1.jpg

いまや、カントクの作家性<<<<<<大きく回収できるか、どうか?
hugo.jpg

1.魔法の代償と恩恵

現代の映画役者たちに求められるもの
hugo-film-review.jpg

『また、ブルーシートか・・・』(ため息

いいところをまず・・・

まずはベン様の老獪でしぶい演技と、
Hugo-Chloe_Moretz-Asa_Butterfield-Ben_Kingsley-Martin_Scorsese-12.jpg
草薙素子ばりの眼力放つ少年エイサ・バターフィールド:映像はありません
純な演技。初期のイライジャ・ウッドを彷彿させる。BGMもGood。
11072002_Hugo_00.jpg

・・・クロエ・モレッツはそろそろやばいよ。
Hugo-Chloe_Moretz-Martin_Scorsese-4.jpg

ボラットの彼など、キャラ各々は「立っている」。
Hugo-Chloe_Moretz-Sacha_Baron_ Cohen-Martin_Scorsese-6.jpg

2.兎を追うもの・・・どっちつかずは、観客を翻弄させる

ヒューゴの成長か(ロンドン駅で繰り広げられる人間群像)?
hugo_movie_photo_3.jpg

Hugo-Chloe_Moretz-Asa_Butterfield-Martin_Scorsese-20.jpg

Hugo-Chloe_Moretz-Asa_Butterfield-Martin_Scorsese-21.jpg

Hugo-Chloe_Moretz-Asa_Butterfield-Martin_Scorsese-22.jpg

Hugo-Chloe_Moretz-Asa_Butterfield-Martin_Scorsese-23.jpg

Hugo-Chloe_Moretz-Asa_Butterfield-Martin_Scorsese-16.jpg

はたまた映画黎明期への思慕(あこがれ)か?

結論からいってしまうと、「ひとつの映画に、ふたつの話がある。」

それがまったく噛み合っていないのでー★★
Hugo-Chloe_Moretz-Asa_Butterfield-Martin_Scorsese-26.jpg

映像は、精緻なり。キレーでいいよ。同伴者も、同意意見「脚本がだめ」(←あああ

3.だったらアバターにももっと賞だせや!(ブチ切れ

いまからな。アカデミーめ。宗旨替えしたんなら、スミマセンからな!(怒

・・・怒りと情けなさで筆が進まない。申し訳ない。

  ようやく<蒲田行進曲にハリウッドが追いついた>ということだろう。

はやく彼らが<我々の領域>まできてほしいのみである。

邦画もその傾向あるけどね。日米韓のみが<映画の本質への嵩上げが甚だしい>のである。

あえてマーティン・スコセッシは今回それを表現した。それがアカデミー会員の琴線に触れたということだろう。(自分の)顔が映っていればOKですか?アバターはダメだけど、ヒューゴはいいというわけ?『アカデミーも、まだまだやね。』

 ・・あとはYahoo!映画のわたしよりも辛辣で深いレビューアーたちの筆にまかす。

それを見てからまた再開!!それじゃまた。

校了(校了かよ!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - 映画(は ブログトップ