So-net無料ブログ作成

【2009-42th】ROCKET MEN(邦題:宇宙へ。):★★★ [映画(ら]

鑑賞記:挑戦と進歩、そしてそれに必要なもの
41MuuqYTZ5L.jpg

半世紀とは短い時間ではないわけで、これを90分にまとめているので
いささか<駆け足感>は否めないものの、王道の記録映画となっている。
NASAキチには、堪らない映像の応酬(私は少し腹にもたれました。。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id334164/

rocketmen.jpg

ST_Books_554832a.jpg

090618we-love-space03.jpg

C_71_article_1126558_image_list_image_list_item_0_image.jpg

camera-shy.jpg

人は進歩を止めた・・とは思いたくはないが、やはりあの時代はとても
勢いがあったね。
http://www.youtube.com/watch?v=wvWHnK2FiCk&feature=related

ec68df0a-6cf6-11de-af56-00144feabdc0.jpg

人類全体が誇れる一歩であることは間違いない。

footprintonmoon.jpg

今後、人類はどんな「足跡」を残していくんだろう。
それが誇れるものであって★いです。

・・・日本語版で正解。『宮迫ぉ、おまえ声いいな。』
やはり噺家は滑舌(かつぜつ)がいいな。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=567228

======

http://www.youtube.com/watch?v=5JKIZ7j20EA&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=lNfEUkxmliQ&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=2rXtG3vfAlA&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=I0mftrFD7X4

http://www.youtube.com/watch?v=gtrB9bELGSY&feature=related

・・・シャトル・ランチもいいけど。。やっぱし↓を見ると「USA」はスゴイね。
http://www.youtube.com/watch?v=wvWHnK2FiCk&feature=related

もう、黙るしかない。(校了


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2009-33h】レスラー【原題:THE WRESTLER 】:★★★★ [映画(ら]

鑑賞記:裸一貫(はだかいっかん)による「段取り(Show)」という名の本物
the-wrestler.jpg

「プロレス(相撲)なんて、どうせ八百長でしょう?」という人がいる。

などと始めてみたものの。どうにも今はムリ(泣
20090613.jpg

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1273954.html

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1273987.html

・・・指が震えてしまって。もちろん震えているのは指だけじゃない。

しばし、↓の方々にお任せ。いまはどうにもむりだ。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id332729/

http://www.youtube.com/watch?v=ZNgY0vtj9mE&feature=fvw

http://www.youtube.com/watch?v=wpdNsl43jyM

http://www.youtube.com/watch?v=qRIU3HK8M64&feature=related

・・・やはり、今日は書けそうにない。すみません。しばし時間をください。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1274312.html

映画の講評はいずれ。いまも勇敢なる戦士たちにこの詩(うた)を捧げる。

~~~~~~~

【「ほかのだれか」がなにを言おうと】

私の眼に写る筋肉で覆われた巨漢の姿は現実。

私の鼓膜に聞こえる筋肉と骨がぶつかる「ゴキ」という音は幻じゃない

したたる汗は水?いいえ。

リングから伝わるこの腹に響く振動は・・もちろん今起きていること

そして

天井を抜けよとばかりに響く貴方をコールするファンの歓声

それもまぼろしなんかじゃない。

歓声は、止まない

歓声は、消えはしないのだ。これからもずっと。

もう。泣きません。貴方に笑われるから。

「さよなら。ありがとう。」

mrt0906141939004-p4.jpg

2009.6.22 朱色会

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?fr=ush-jp_headlnn&ei=UTF-8&p=%E4%B8%89%E6%B2%A2%E5%85%89%E6%99%B4


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

【2009-30th】60歳のラブレター:★★★★★  [映画(ら]

エンドロールが流れ始めてすぐに脱兎のごとく劇場を飛び出した
面白くなかったから?いいえ。だれにもぐしゃぐしゃになった顔を見られたくなかったから。

昨日までは、「重力ピエロ」で日本アカデミーはキマりと思っていた。
強力なライバル出現といったところだろう。「60歳のラブレター」本作品である。

鑑賞記:「恋」から「愛」そして「恩」へ。
01_large.jpg

この映画のレビューを書く資格は、私にはない。

私よりの説得力のある方がたの<ことばたち>をご覧ください。

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id332813/

いい映画です。

『最近、マンネリ気味。』の貴方。ぜひ連れ合いを誘ってこの映画をご覧になってください。。いっしょに。

・・・必ずや「自分の姿」をスクリーンの中に見つけることでしょう。

05_large.jpg

06_large.jpg

08_large.jpg

10_large.jpg

12_large.jpg

16_large.jpg

20_large.jpg

23_large.jpg

28_large.jpg

27_large.jpg

・・・たとい連れ合いがいなくても、レビューをするケンリはある

という声に押され再開します。

1.劇場に響き渡る「妻たち」の笑い声

男親たちは?・・・身を硬くして、息を殺しておりました(※
(数人すすり泣き。わからないように←わかるて

2.すばらしい6人+αの表現力

演技達者な6+αが、この作品を描くために召集された。
_dsa0133.jpg

Yahoo!映画レビューでは、中村雅俊さんの演技が下手とあったが・・・はたしてそうかな?

中村さん扮する男は、「無骨で不器用」なのであるから、演技もそうなるわけでして
これこそ<演技力>の発揮の結果ではなかろうか?
60saino05.jpg

あとは

・「名医」とは何か?
332813_013.jpg
「治す」ためには、「見つける」ことができていないといけない。

・「デキ」る女の苦悩

他人とは、「自分のできていないところ」を歩いている存在である。
ーー 朱色会 ーー
332813_017.jpg
それも、しっかりとね。

などなど、やさしい話の中に、きっぱりとした主張があり、小気味いい。

3.結論:失「恋」病は治せても・・<それ以上の『病』>は?
332813view021.jpg

おんな3人の、「魂の咆哮」を聴けッ!!

おとこたちに向けられております。もちろんおとこたちとは・・・観客の男性たちにですが。 (※

こんなところで。脚本、演出、演技とも高次元でまとまっている良作です。

この国とて、もはや人の平均寿命は<『百』に届からんばかり>だ。
60は、もはや「上がり」ではない。「折り返しを過ぎたばかり」に過ぎないのだ
まだまだ、路はあるよ。

熟年の方には特効薬として。そうでない方は予防薬として服用していただきたいです。

「お大事に。」(笑

2009.5.24 朱色会


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【2009-22h】レッドクリフ PART II/決戦天下:★★★★ [映画(ら]

鑑賞記:「人」の常に傍らにあるもの。それは火・水、そして風。
20090115194745_16424.jpg

まずは、これをいっておくべきだろう
<映画の炎>は、ごく希に<人間の灯>をくべるときがある。
090408_rc2_sub35.jpg
http://search.yahoo.co.jp/search?&p=%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%80%E4%BA%8B%E6%95%85%E6%AD%BB&fr=snmsie7&ei=utf-8

1.「有事」の中に「平時」をつくるワケ
090408_rc2_sub11.jpg

平時をつくれるほどの器を有していることを兵卒に知らしめ、自信と連帯を強めるために行う。軍は大きくなればなるほど、「寄せ集め」になるからだ。

2.『もう堪忍してください』といわざるを得ない戦場シーンの応酬

090408_rc2_sub14.jpg
なんというか(最近、友人がこのフレーズを連呼するので、わたくしも使ってみます(←?
なぁ プライベート・ライアンの冒頭シーンが映画の半分も続くのである。戦闘だいすきな御仁も「おなかいっぱい」になるは必定(笑
個人的にはオーバーサービスぶり(←ステーキが2枚でてきた感じ。
http://images.google.co.jp/images?gbv=2&hl=ja&sa=1&q=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AD+2%E6%9E%9A&btnG=%E7%94%BB%E5%83%8F%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&oq=

・<最強の『否認』>は妊娠(掲載考慮中→これが載ると男性専用記事となる。
image-20090112-suqxlo6c611nnjy7pntu_t_h480.jpg

4a6cd262.jpg
様子をみて掲載判断します(が、観た人は解かるはず。

3.渦(うず)
渦の中心に或る
090408_rc2_sub33.jpg

または周辺どこにいるに関わらず
332747view007.jpg
その中にいる人は
<自分の渦>を信じていて、<外に在る渦>を認めない
人間はそのようにできている。
戦国(がいま終わっているとはわたしもまったくもって断言はできないが)
とは、複数の渦が一つになっていく過程だということが解かる
それは人間が歴史を紡ぐため
<だれかに仕込まれた>引き剥がすことができない属性のようだ。
だから、人類の歴史が潰えても実は渦はひとつにならない

しかし、この映画を観た人はひとつの結論に到達するだろう。そう・・・

ただひとりだけの勝利は
未だひとつも存在しない
ーー 朱色会 ーー
Red_Cliff_Vies_for_Best_Asian_Film-20090122181428.jpg

「大義」とは、限られた人々だけのものであってはならないのだ。

だから、刮目して観てほしい。
劇場を訪れた貴方は、炎の戦場に放り込まれる。
123537815245416328243_redcliff2-nw1.jpg

『焼かれるなよ』

2009.4.11 朱色会

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314680398

(珍しく、前説でカントクからお話があります。

みんな点数辛いなァ・・
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id332747/

拙のPART Iレビューはコチラ

ベストレビュー。↓(言い方が旨いな。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id332747/rid404/p2/s0/c13/


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

れ)レッドクリフ Part I:★★★ [映画(ら]

鑑賞記:壮大なる赤壁本編への「プロローグ」
2654830281_777ed13683_o.jpg

http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/redcliff/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%95

言うまでもないことだが、三国志とは、史実ではない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97%E6%BC%94%E7%BE%A9

・・・が、曹操・諸葛亮・周瑜は実在する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B9%E6%93%8D
20080807-redcliffmain.jpg

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B8%E8%91%9B%E4%BA%AE%E5%AD%94%E6%98%8E
dde2f47cbe3e91f87fbc9a0f6009a2c4.jpg

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E7%91%9C
4354cliff1.jpg

ややこしい。歴史と小説(創作)が混濁した独特の世界がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%A3%81%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

ちなみに、わたすが好きなのは曹操。
4354cliff2.jpg

1.物量ならぬ人量が観客を圧倒する昨今の中国映画

監督はジョン・ウー。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%BC
Cannes+2008+Red+Cliff+Photocall+lBIpxvIbPHWl.jpg

2.極精緻で迫力のある映像

『おおおお。おおおお』と、うなったな「影武者」以来だ
映画とはひとびとの総合作品だ。ひとが多ければ多いほど絵に厚みが生まれる
むろんCGもあるが、それより・・・ひと、人、うま、ウマ、馬、ヒトの競演がすごい
c1e7a6ae0a42d06890064f45aae8bb25.jpg

DVDそしてブルーレイはそれぞれ
SD画像(480i) HD画像(1080i) だけど↓
http://www.rcc.co.jp/medias/sd_hd_images.htm
http://freshair.web.fc2.com/sdhd.htm

文句なしのモブ。映画館でみる価値があるどころではない。
この作品は映画館でなければ、堪能できないのだ(きっぱり。
映画館でこの作品を観ない人・・・「残念ッ!!」(←?
(この映像は、HD画像であっても人がアリンコのように潰れてしまうだろう。

3.人物表現も深い

金城は完全に孔明になりきっていた。

18.jpg

レオンさんは、若くなったな。すごいな。normal_20071115RedCliff2355-M.jpg
http://search.yahoo.co.jp/search?&p=%E8%8B%A5%E8%BF%94%E3%82%8A%E3%80%80%E8%96%AC&fr=msie7&ei=utf-8

私たちは【英雄】と『伝説』をもとめるいきものだ。
史記は、「人間」を離さない
それは、スクリーンの館の内外に関わらず、

<スクリーンの表裏に居ること>にも関わらない。それが観て解かる

小さくて、細かなことに拘るな
入場料を払う価値は高くある。
早く、後編が観たくなった。
02.jpg

====
日本人が、いかに三国志が好きなのかが伺える資料(↓すごいすね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97%E6%BC%94%E7%BE%A9%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%95

Yahoo映画ベストレビュー:未だなし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画