So-net無料ブログ作成
千葉ロッテ ブログトップ
前の5件 | -

【787節:2014野球】開幕前夜 [千葉ロッテ]

前略。

私は、千葉ロッテマリーンズのファンで、
職場が幕張に近いときは年間30回ほどホーム球場で応援していた時期がある。

友人の強い勧めがきっかけだが、
なぜ「私が」がそれ程足繁く通うようになったのか?
この執筆を機に一度思い返してみることにした。

以前は、父の影響で長嶋・王が在籍していた球団を敬愛し応援していた。
あの球団は、「スター」を擁立することを球団の団是としており、
そのため現在においてもキラ星の如く圧倒的に戦闘力の高い選手を有している。

理だけで考えれば負ける確率はほぼ0となるはずである。
しかし、多くの場合「結果」はそうならない。
野球などのチームスポーツは、
選手を始めとした総合力の結集が結果に結びつくのであり、
「そうではなにか」を探すことは大いに有意義なことだ。

(1)チームプレーでやっていることが、他方からみて「よく解る」チームであること
 4番打者とエースのみで構成されたチームは、試合が大味となる。
 拠り所が過度に高くなると、チームはそれを頼ろうする。
 すると流れが悪くなり、「かちにつながる流れ」が見えづらくなる。
 「誰にも頼らない集団」は、個々の力以上に強くて厚く面白く見えるものだと思う。
 他方とは、対戦相手であり、そして観客である。

(2)(誰かが造った)作品を観るのではなくて、直接、その時の空気を感じるということ
 さりとて、野球プレーヤーとはやはり個人商店なのである。
 成績が思わしくなれれば商店は市場より強制的に退場を余儀なくされる。
 自分の売り物を査定評価するのはファンではなく球団である。
 限られた(そしておそらくは短い)才能を高く買ってくれるところを目指すことを
 阻むことは自由競争世界では許されない。
 野球と同様に、会社も「シナリオ」はない。
 軸足を球団にするのか、ファンにするのか、はたまた「自分の野球道」
 とするのか、そのバランスは、テレビでは垣間みることはできない。
 対象となる人間の全ての所作を、直接隈なく観察する必要が出てくる。
「見ていないのに、何が語れるというのか?」
 したがって、現場にいくしかないのである。。

(3)圧倒的に強力な「応援」団がいること
 一度でもロッテの試合を球場で見たことがある観客は、
「パ・リーグで一番熱烈な応援団はどこか?」の問に困ることは無いはずだ。
 選手のプレーだけでなく、観客のパフォーマンスを楽しめるのが
 球場ライブの醍醐味である。
 プロ野球のパフォーマンスとは、フェアグラウンドだけで行われているわけではない。
 『日本一を目指す球団は、応援団も日本一で在らねばならない。』
 という気概を感じ、観ていて清々しく感じる。
 現場に行き解るのは、
(声援があるからこそ、選手は力を発揮できるのである。)
 その言葉の意味をひたひたと感じる。

などと、書いていたら紙面が尽きてしまった。
本編の読者が「野球」に興味がなくても、
(他のこと)でまったく同じことが云えるのではないか?
そう強く思います。

・・・もうすぐ、シーズンが始まる。
2014-02-16-10-57.jpg

校了

【2012-1st~4th】「2012マリン観戦」はじめました。 [千葉ロッテ]

私の体の具合も、ロッテの調子も良い。久々のホーム観戦3連勝を体験できた(嬉
「2012マリン観戦」はじめました。 208.jpg

ホーム観戦。始めました。
# 20120513 マリン戦績.png

 

観戦記:ひとはだれでも、他人を応援し、鼓舞する欲望を持つ。

「2012マリン観戦」はじめました。 012.jpg

「2012マリン観戦」はじめました。 032.jpg

ビール娘は、ほぼ世代交代した。。orz...
「2012マリン観戦」はじめました。 035.jpg

「2012マリン観戦」はじめました。 039.jpg

5月から花火が上がるのが、青空球場ナイターの特典だ。
「2012マリン観戦」はじめました。 054.jpg

「2012マリン観戦」はじめました。 091.jpg

マリンで風速0は珍しい。。そしたら・・・・
「2012マリン観戦」はじめました。 102.jpg

・・・花火の煙が球場に篭ってしまって煙かったよ。
「2012マリン観戦」はじめました。 107.jpg

大好きなクール君。今年もよろしく。(←?
「2012マリン観戦」はじめました。 136.jpg

勝ちました。

「2012マリン観戦」はじめました。 149.jpg

今年は、何回、ハイタッチを見れるだろうか?
「2012マリン観戦」はじめました。 162.jpg

楽しみです。
「2012マリン観戦」はじめました。 198.jpg


2011ラストマリン [千葉ロッテ]

2011年の、千葉ロッテマリーンズのシーズンが終わった。

公私共、色々あった一年でした。

2010年、日本一となったチームは、今年、最下位でシーズンを終えることとなった。
2011ラストマリン 105.jpg

最終戦のもようを綴ります。
2011ラストマリン 007.jpg 

2011ラストマリン 009.jpg

2011ラストマリン 012.jpg

天気は好転しましたが、最終戦なのに、お客の入りは、寂しい限り。
2011ラストマリン 021.jpg 

2011ラストマリン 026.jpg 

2011ラストマリン 039.jpg

2011ラストマリン 055.jpg

2011ラストマリン 061.jpg

クール君のバク転も今年は見納め。 万感の思いを込めてシャッターを切る。お疲れ様でした。

2011ラストマリン 072.jpg 

最後まで元気が良かった岡田。来年も頼みます。 

2011ラストマリン 086.jpg 

優勝は対戦チーム。シーズンの有終の美を飾ることができたのは、我が千葉ロッテだった。
2011ラストマリン 095.jpg

ソフトバンクも外野のファンに挨拶。爽やかな最終戦となりました。
2011ラストマリン 098.jpg

2011年。最後に勝ったのは唐川。戦士の顔つきに成長した。
2011ラストマリン 124.jpg 

西村監督を始め、すべてのチーム関係者に「お疲れ様」と言いたい。終わったことは次のシーズンに活かそう。
2011ラストマリン 139.jpg

『来年も、「この地」にこよう。』
2011ラストマリン 176.jpg

・・・と、解放されたグラウンドで、思った。

校了 

~~

→ファンの。 


【2011-20th】8月ロッテ観戦まとめ [千葉ロッテ]

マリンの2011夏が終わった。
20th:8月マリン 025.jpg

8月観戦をマトメます。では、今夜の試合から。

日ハムの選手は、足が長いな。なんでだ。我がチームの1割増。
20th:8月マリン 010.jpg

花火もそろそろ・・見納め。
20th:8月マリン 033.jpg

今夜のクール君は、うまく撮れました。
20th:8月マリン 038.jpg

今日は成瀬良かった。10勝目。しか~し、やはりでてしまいました一発。中田翔のでかい当たりも見どころでしたな。はやくがに股に戻して欲しい。
20th:8月マリン 045.jpg

楽天が3位であることから、3位以下でもまだまだチャンスはあります。しまっていこう。
20th:8月マリン 053.jpg

取れる時にきちっと取る。これが勝利への近道。

20th:8月マリン 057.jpg

成瀬はエースとしての自覚から風格を漂わせる。
腹が太くなった。いや、体型の話じゃない。
20th:8月マリン 072.jpg

私の「2011戦績」で中締め。明日も仕事なので今日はこの辺で、お休みなさい。
2011-20thQVC.jpg

なんとか30ピンバッチに到達したいね。それとマリーンズの2連覇も。


【2011-17th】喪章を「心のなかに」抱いて [千葉ロッテ]

試合前の涙雨。『そうだ。全ての哀しみを流しておくれ。』
bbl11072908060004-p4.jpg

・・・雨は、試合が始まる前に上がった。
喪章を「こころの中」に抱いて 002.jpg

喪章を「こころの中」に抱いて 004.jpg

喪章を「こころの中」に抱いて 005.jpg

喪章を「こころの中」に抱いて 006.jpg

喪章を「こころの中」に抱いて 014.jpg

喪章を「こころの中」に抱いて 015.jpg

喪章を「こころの中」に抱いて 018.jpg

喪章を「こころの中」に抱いて 031.jpg

おーい。秀輝。この歓声聞こえているかー。おまえもこの声援と喝采を浴びたんだぞーー

喪章を「こころの中」に抱いて 037.jpg

喪章を「こころの中」に抱いて 046.jpg

喪章を「こころの中」に抱いて 050.jpg

清田。出てすぐ打った。
それと、「岡田の3塁をまわる姿」は実に美しい(きっぱり

喪章を「こころの中」に抱いて 054.jpg

やきゅうをたのしむ のが一番の弔い。観戦する側も・・・

喪章を「こころの中」に抱いて 058.jpg

・・・そしてプレーする側も。

喪章を「こころの中」に抱いて 067.jpg

「職場」の後輩たちの心中も穏やかではなかったが、それは表に出さず静かに直向きに戦った。

喪章を「こころの中」に抱いて 069.jpg

校了です。

他の方のキモチ

ハイジの窓:あるアスリートの死

ぼやき日記:伊良部秀輝の死

 


前の5件 | - 千葉ロッテ ブログトップ