So-net無料ブログ作成

2011年映画総括:私のベスト10&【2011-48th】サラの鍵:★★★★★

生きて、心体ともに「健常」だからこそ、映画を楽しめるのである。

私の記事を読んでくれた全ての読者の皆さんに宣言します。

「私は、帰ってきました。」メリー・クリスマス
千葉軍団忘年会2011 #1 376.jpg

・・・それでは、年中行事を始めます。。と、その前に映画をもう一本観てきます。

記事の再開は、映画の後で。ではまた。

~~~~~

鑑賞記:(それでも)生命は続いていく

「一族、特におんな」の壮大で熾烈な叙事詩となっている。

題材は「フランスの傷ヴェルディブ事件」(1942.7.16-17)。私も知らなかった。。
110727_saranokagi_sub1.jpg

戦争は治らない..

朱色会

【2011-23th】トランスフォーマー3/ダークサイド・ムーン<IMAX 3D>:★★★★

鑑賞記:機械(ロボット)と人間
transformers_dark_side_moon_teaser_trailer.jpg
『権力ほじー』(←?後述。

あんぐり(感想
「大切な人」との映画は、緊張するぜ! 003.jpg
衣装とメーキャップで『transform』するお三方。

野心のあるおんなは、艶やかだ。.png

『上(ウエ)に上がる度に、汚(ヨゴ)れるってどうよ!』という映画である(きっぱり
Transformers-Dark-of-the-Moon-Rosie_Huntington-Whiteley-3.jpg
(サトエリ?


1.人間は、どこまで想像に近づけていけるのか?
transformers-dark-of-the-moon-Bumblebee-5.jpg

・・・ということを慮る作品ではある。そうだ、装飾の奥にあるものを探そう。
「大切な人」との映画は、緊張するぜ! 004.jpg

と、鑑賞中に思った。

2.人間って何だっけ♪何だっけ♪

「大切な人」との映画は、緊張するぜ! 002.jpg


デューダのCMを思い出したね。

んん。んん(↓
Transformers-Dark-of-the-Moon-shockwave-7.jpg

人が活きる目的の中に..
朱色会

2009年映画総括:私のベスト10

読者のみなさま。映画ファンの皆様。「メリー・クリスマスッ!!」
朱色会サンタより、プレゼントだ。

今年もこの時期がやってまいりました!

だが、その前に前年までのおさらいだ

2008年。
http://ver-milion.blog.so-net.ne.jp/2008-12-24

2007年。
http://ver-milion.blog.so-net.ne.jp/2007-12-24

2006年。
http://ver-milion.blog.so-net.ne.jp/2006-12-24

そう..

朱色会

【2009-36th】トランスフォーマー/リベンジ:★★★★★

鑑賞記:「パワー・オブ・アメリカ」×てんこ盛り。

1.『も、もぅ食えない。た・・・助けて』

と心の中で叫びましたよ。。

いやもぅ。<メガアクション丼>といっていいだろう。
「一日(映画の日)だったので、1000円で食べることができた。」
まんぷく。まんぷくぅ。げふ・・・と、いうか胃がもたれるぅ。。
人間(観客)の動体視力の限界をとうに超えた映像とサウンドが滝水のように
降り注ぐ。最初ッから最後まで。。。目を閉じると、網膜に焼き付いているorz

fallen01.jpg

http://www.youtube.com/w..

朱色会

2007年映画総括:私のベスト10

日本全国のサンタさん達へ。愛する人へのプレゼントの準備はできたでしょうか?

『アタシには何かないのかよッ!』

・・・とお嘆きの貴方には朱色会からのプレゼントだ。

2007年の映画総括をお届けしよう!!

発表は、23時ころ。プレゼントの配備のあとに起こしください。
なお、去年はこんな感じだった。(↓
http://blog.so-net.ne.jp/shuseki-kai_org/2006-12-24

~~~~
選考対象は、例年どおり
朱色会が2007..

朱色会

と)トランスフォーマー【吹替】

鑑賞記:「逆輸入された【板野サーカス】が語りかけるもの」

日米は確かに文化の呼応を感じる
とくにこのようなサブカルチャーともなると、まるで師弟関係
をその時代で役割交代をしつつ、反応しあい影響しあい、そして
迎合しつつその質を高めてきたのである。

 

1)ハリウッド俳優は、【白い歯】がいのち(笑
ほとんどみんな新顔なキャスティングが見事だな
ベテランはジョン・ヴォイトだけで、あとはほとんど【初めて見る顔】だった
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%..

朱色会