So-net無料ブログ作成

【2011-30th】モテキ:★★★★★

・・・よくできている。

鑑賞記:汝、目の前に降る「宝石」を逃すなかれ。

1.あたまでっかちになってしまったトカイの「ぼくら」

110706_moteki_sub1.jpg

かつて、「自分をみる自分」と「自分」は合一のものだった。
いまは、この国のほとんどの人間が分離(分裂)させている。

何をするにも、どこに行くにも「自分カメラ」を携えていく
他人を見ているようで、自分しか見えて、いない。

・・・映画の話だったね。

ギョーカイのメガネくんとして加瀬の後継者となる森山未來が難しい役をよく演っている。
110706_moteki_sub10.jpg
リリーさんも、いい味だしてます。

2.「..

朱色会

【2010-5th】Dr.パルナサスの鏡(原題: THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS):★★★

鑑賞記:<びっくり箱映画>の限界

びっくり箱映画が好きなかたは退去のこと。。。一言でいって
the-imaginarium-of-doctor-parnassus-heath-ledger.jpg

た・い・く・つ(ばっさり

以下、その理由。

~~~

1.主人公は、誰か?

天使と悪魔の戦い(鬩ぎ合い)に翻弄される人間たちの物語。
091023_drp_sub6.jpg

さて、ネタバラっぽいがこの作品の主人公はもちろんタイトルに名前がのってるパルナサスなのだが、なんとそれは終幕近くでわかるのだ。ヒース・レジャー(やその代役たち)じゃないす。この辺は「マチルタ募金」としてこの作品につき納得できるかどうかが意見の分かれるところだね。お客さん..

朱色会

ぐ)ぐるりのこと。:★★★★★

鑑賞記:映画に紛れ込んだ【本物】。
b0134306_11324036.jpg

http://www.tsutaya.co.jp/cinema/sp/gururi/index.html

1.「時」は、流れる。…人と共に。
photo154892.jpg

普通、映画の役者は、本物に為りきろうとする。
本職の女優、俳優さえそうだ。カメラ(の後ろにいる観客)の前でもがき苦しみ(もちろん内面だが
息み、足掻くのである。その汗と涙を観客は認め、出演者と同化を果たすのだ。

この映画でも多くの演技者がそれに挑んでいる。「役」に向..
朱色会