So-net無料ブログ作成

【792節:映画】怒り:★★★★★

(封切り直後ということで、結末を含む内容に触れない形で
 書いてみましたが、鑑賞後にご覧ください。)

序)
感情を表す漢字として
喜、怒、悲、哀、憐、憫、楽、恋、愛、憎、苦、嫉、妬、僻、恩、怨、悔、恨、憧、慕、惑、惜、嬉、憤、悼、憂、愁、懐、貴、尊、敬、侮、蔑、愉、悦、許、赦、恕、惚、惹、想、懇、慮、情
などがある。人間は、多くの感情を所有できるいきものなのだ。

今回鑑賞した作品の題名「怒り」もこの中に在る
この作品の描くものも、怒りだけでなく様々な人々の感情が
細やかにそして実直に描かれて..

朱色会

た)ただ、君を愛してる

うーん。うーん。どぅしようなァ?。。。

かたたんとかたたんと映画街が近づいてくる。
日曜10時の京成下りなど、込みようがない。
しかし、流れる車窓の景色を眺めながら
男は立ったまま・・悩んでいた。

『どういえばいいのだろう?』

映画を観るときはチケットを買わねばならない。
たいていは、映画のタイトルを売り場の娘さんにいう。
そうすると、その映画のタイトルに入場できるチケットを
入場料と引き換えにもらえるわけだが。。。

眉間にしわをつくり、その男は夢想(シミュレーション)した。

「ただ、..

朱色会